30代以降のニキビ肌の解決には化粧品の買い替えの検討を

10代20代で肌トラブルで悩みが多いのが、ニキビ肌です。若いころは、新陳代謝が活発で、皮脂分泌が多いのです。皮脂分泌が過剰であるため、きちんとしたお肌の手入れを怠ると、毛穴に老廃物や皮脂汚れが溜まっていくのです。その結果炎症を起こし、赤くなったりするのです。それがニキビのメカニズムです。そのまま赤みを放置すると、やがて膿を持ち、時には出血を伴ったり、痛みを持つひどいニキビへと進行していきます。やがて膿や血が出て、ニキビはひいてきますが、適切な手入れをしなければ、ボコボコとニキビ跡が目立つクレーター肌になるのです。

このクレーター肌は大人になっても自然には消失していきません。程度のひどいクレーター肌は、美容整形外科などで治療しないと、奇麗な肌に戻れなくなってしまうのです。いかに10代20代でのニキビに対応した手入れや基礎化粧が大切かが分かるのです。こうした10代20代のニキビケアのための基礎化粧品は、毛穴の奥から根こそぎ油脂や汚れを除去してくれる、洗浄作用に非常に優れた洗顔料で洗うことが非常に大切なのです。特に固形せっけんで泡立ちがよい洗顔料を使う事をお勧めします。また10代や20代の肌は代謝がよいために、毛穴が開いたままの状態になりがちなのです。毛穴が開いたままだと、またそこに汚れが詰まりやすくニキビを誘発してしまうので、洗顔後は必ず引き締め効果の高い化粧水を使用しなければいけないのです。収れん性に優れた化粧水を選択し購入すると良いでしょう。

ニキビは10代20代だけの問題のように思われますが、実は30代40代でもニキビに悩む人が多いのです。しかしその年代のニキビの原因は若いころとは全く違うものなのです。30代以降のニキビの原因は、化粧品が主な原因なのです。要はは10代20代の頃に使っていた化粧品や基礎化粧品をそのまま継続して使用していては駄目なのです。洗浄作用に優れた基礎化粧に多く含まれている界面活性剤や石油系の成分が、肌に強い刺激を与えるために肌荒れやシミ、シワ、ニキビの原因となっているのです。30代以降は化粧品の買い替えを検討していかなければなりません。買い替えの時に注意するポイントがあります。それは10代や20代の時に重要視していた洗浄効果に長けた商品を選ぶのではなく、天然成分で主に作られている商品を選ばなければいけないのです。天然成分は肌に優しく働きかけ、刺激も少ないのです。買い替えのときに、ビタミンC成分が多いものや天然の泥成分でできたクレンジングを選ぶと良いでしょう。化粧品の買い替えをきっかけに、改めて美容部員や専門のアドバイザーに相談すれば、より自分の肌にぴったりの商品を購入する事ができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*