美白情報丸分かり

色白は七難を隠すと昔から言い継がれています。
色白がそんなにいいの、小麦色の肌も健康的でいいよと若い頃は何も恐れずに太陽の下で過ごしたものです。
ある日、そうお肌の曲がり角の25歳を過ぎたころから、顔にしみやそばかすが出て来ます。
腕にもぽちっと赤い点が出来て、いつしかそれが黒い点に変る。
あわてて日焼け止めクリームを塗りるが時既に遅しなのです。

手タレと言われる手専門のモデルさんは、絶対手袋をして手に紫外線を浴びないようにすると言っていた。
腕は長袖を着ればいいが、顔を全面隠すことは無理だ。
美白がいいと若者にも浸透してきたのは、化粧品会社の美白戦略なのだろうか。

早くから美白を心がけていると後で後悔しません。
美白は一日では成らずです。
テニスやゴルフをする友人に会うと、びっくりするくらい老けた印象の時があります。

若い時は小麦色で誤魔化せた肌も、中年になると皺やしみがたくさん出て老けた感じになってきます。
隠すためにファンデーションで厚化粧しても誤魔化せません。
エステに通って肌を若がえさせるには時間とお金がたっぷりかかります。
普段から気をつけようと、ベランダの洗濯物干しやゴミ出し、もちろんガ―デ二ングも日焼け止めクリームに帽子などで完全防御するのが良いでしょう。
色白は七難を隠すと娘達に耳元で囁いて教えなければ・・・。