化粧品で自分の肌が変化するのか

私は、小さい頃からかなりの敏感肌でした。小学校時代は、掃除時間の草引きで草の汁にかぶれてしまったこともあるくらいです。ですから、化粧品で新しいものをチャレンジするのは、相当な勇気がいる毎日です。今までも化粧品を変えたことで、肌に合わず、赤い湿疹ができたり、皮膚がヒリヒリしたことは幾度となくあります。すぐに変化がある化粧品であれば良いのですが、数週間使うことによって徐々に変化がでて、最後は皮膚科に通い、治療をしなければならくなるようなこともありました。

約十年前に肌に合う化粧水に出会い、可もなく不可もなくといった感じでずっと使っていました。しかし、年齢の関係もあるのか、皮膚科に通うほどのひどい状態になることはありませんが、毛穴が目立ったり、顔がもともと赤ら顔なのですが、それが結構目につくようになったりしてきて、何か別の化粧品を使うなど少し変えていかなければならないなと、ここ数年感じていました。しかし、最初にも記入しましたように、どうしても敏感肌なので、自分の肌にあうものにたどりつくまでのチャレンジがなかなかできず、気にはなっているもののやはり新しいものを使ってみる勇気はありませんでした。しかし、先日、インターネットでの広告をみつけ、ドクターが監修しているとの注意書きがある化粧品広告をみつけました。肌に変化が現れるまでの大きな変化は期待していませんでしたが、せめて、年齢に合った新しい化粧品に出会えることを信じて、キャンペーン中だったお試し品を挑戦して見ることにしました。

新しいものに変えたのは、本当に十年ぶりくらいだったので正直、ドキドキしました。使い始めて1週間したところで、これといった大きな変化はありませんでしたが、肌に合わないときには、このくらいからボツボツとかゆみやヒリヒリなど症状が出始める時期だったのですが、これといった敏感肌特有の症状はなく、可も無く不可もなくといったところだったので、しばらく使用して見ることにしました。そして、使用して2ヶ月くらい経ったころから、少し、肌に弾力があらわれ、毛穴の目立ちも以前に比べて少なくなったような気がしていました。しかし、特に誰から言われたわけでもなかったので、気にせず使い続けていたところ、ここ最近、子どもたちに肌がモチモチしていると何気に頬をさわって言ってくれました。友達にも肌が明るくなったと言われ、この年にしてとても嬉しい気分になりました。化粧品でも自分の肌をここまで変えることができるのだと実感できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*